決済代行会社の利用|キャッシング利用時は返済方法を選ぶ!金利の安い消費者金融で

クレジットカード決済代行手段の種類!銀行決済との比較も見る

銀行とカードの違い

銀行振込による決済

基本的に銀行振込決済を利用する場合、入金のタイミングを自分で選ぶことができるでしょう。また、土日祝日に対応することができないので翌営業日に銀行に足を運び、振込することになります。

クレジットカードによる決済

クレジットカードを利用した決済の場合、指定された日時に入金することができるでしょう。また、自分で銀行まで足を運び入金する必要はありません。自動的に翌営業日に入金することができるのです。

様々な決済手段

クレジットカード決済代行会社では、様々な決済手段を利用することができるのです。いくつかの決済手段を紹介するので、自分に合った決済手段を見つけてみましょう。

決済代行会社の利用

カードを持つ人

継続課金サービス

クレジットカード決済代行会社の決済手段の中には、継続課金サービスがあります。有料の会員サイトに登録している人は、便利に利用することができるでしょう。登録料金を、指定した間隔で自動的に決済することができます。決済間隔は毎月、もしくは毎週など自由に決められます。有料制の会員サイトに登録している人は、継続課金サービスを利用することで便利に決済できるでしょう。

スマートフォン決済サービス

最近では、スマートフォンが一般的に普及していると言えるでしょう。スマートフォンを利用している人は、とても多いのです。クレジットカードの決済もスマートフォンから行なうことができます。クレジットカード決済代行会社では、決済画面をスマートフォンで操作しやすいように最適化しているのです。そのため、入力ミスなども起こりにくくなっています。基本的にスマートフォンから手軽にクレジットカード決済を行なうことができるでしょう。

小額決済サービス

一般的にスマートフォンの中にオンラインゲームなどのアプリケーションをインストールしている人は多いでしょう。このようなアプリケーションを利用する場合、小額の課金が発生することもあります。数百円単位での課金となることが多いでしょう。クレジットカード決済代行会社では、小額課金サービスを提供しています。このような小額課金の決済にも十分対応することができるでしょう。より便利にアプリケーションを利用することができます。

広告募集中